レスポンシブWebデザインとは

レスポンシブWebデザインの基本

レスポンシブWebデザインとは端的に言うと、Webを見ている端末によって表示を動的に変化させるデザインのことです。HTMLソースはひとつでCSSのメディアクエリを使用して端末の幅ごとにスタイルを切り替えるのが基本的な手法です。

メリット

メリットとしては、ソースを一元管理することができる、SEOに有利、URLもひとつで済むなどがあります。