採用ご担当者様へ

tmb_saiyo01

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。書類には書ききれない私の情報をこちらに書きます。目次から各項目へクリックで飛べます。クリック後はページ右下に上へ戻るボタンが出現します。長くなりましたので何か気になるところだけでもご覧いただけますと幸いです。

制作実績はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

略歴

ソフトウェアハウスに5年半正社員として勤務。主に大手SIベンダーの元へ出向し、客先常駐にて勤務。SE、PGとしてweb系(オープン系)業務アプリの開発に携わる。退職後、職業訓練、簿記資格取得ののち、人材請負系会社にて経理職に就く。半年ほどで退職し、経理職で転職活動するも決まらず。2015年8月より転職先をweb系に変更し現在転職活動中。

SE時代に経験したこと

システム開発全般

  • 設計(基本、詳細)
  • プログラミング
  • テスト(単体、結合、システムテスト)

と一通り経験しています。

ヘルプデスク

1年半ほど担当しました。エンドユーザー様からの電話問い合わせに対応し、システムの操作説明や不具合の対応、本番環境へのパッチ適用など行いました。

プロジェクトリーダー

5名程度のチームにて2年ほどリーダーを務めました。同じ案件で四半期ごとのリリースとバージョンアップを行いました。リーダーとして管理業務を行いながら設計、製造、顧客対応も同時に担当していました。

経験していないこと

  • 要件定義
  • インフラ周り
  • DB設計

上記はいずれも常駐先のSIベンダーが担当していたので未経験です。今後はいずれもできるようになりたいと思っています。現時点ではプログラミング等、ソフト面での経験のみと思っていただければわかりやすいと思います。

技術力

実際のプログラミング経験はのべ3年程度です。基本的に短いスパンで設計からテストまで行っていたので、プログラミングばかりずっとしていたわけではありません。

フロントエンド

実務ではHTML4、CSS2、JavaScriptの経験があります。実務では主にサーバーサイドでの処理がメインでした。また、業務系アプリですから昨今のWebサイトのようなインタラクティブな仕組みや見た目は要件として求められていないため、フロントエンドでは最低限の見た目と、クライアントサイドでの入力チェック等にJavaScriptを使っていました。

HTML5、CSS3、jQueryの実務経験はありません。独学で勉強中です。まだ8月に始めたばかりですが、当サイトはHTML5などを使っていちから作成しています。

バックエンド

ASP(1年)、ASP.NET2.0(VB.net)(2年)の経験があります。DBはSQLServerとOracle10Gの経験があります。基本的なプログラミングの制御構造、SQLの文法は理解しておりますので、他言語、他RDBMSでも少し勉強すれば対応できると思います。

現在独学中のもの

HTML5,CSS3,jQuery,PHP(CakePHP),WordPressについて独学で勉強中です。8月に始めたばかりですが、当サイトは前述の技術で作っています。それぞれまだ初歩段階ではありますが、調べながら何かを作ることは可能です。

HTML5,CSS3

以前と大きく変わらないためコーディング自体は問題なく対応できます。新要素を駆使したインタラクティブな動きの実装はまだまだですが、基本的には調べればやり方が出てくる時代ですので、都度対応は可能です。

jQuery

当サイトトップページの画像フェードイン、フェードアウトやドロップダウンの実装等を行っており、やり方を調べながら作成することは可能です。今はできるだけプラグインに頼らず自分でいちから作成するよう心がけております。

PHP(CakePHP)

MVCフレームワークでのプログラミング自体初めてですが、徐々に覚えていっています。当サイト自体をCakePHPにて作成しております。 CakePHPにてTwitter検索サービスbotよけったーを制作しました。

WordPress

まさに今見ていただいている部分です。いちからテーマファイルを作成し、構築しております。まだまだデザイン、機能ともに中途半端ですがまずは形になっていると思います。今後、WordPressを使ったコーポレートサイトの作成など行いたいと思っております。

カスタム投稿、カスタム分類、カスタムフィールドを実装したサイトを制作しました。

今後作成予定のもの

TwitterAPIを使用した検索サービスを作成予定です。なんとなく構成は浮かんでいます。完成すれば前述した技術の総合的なアピールに少しはなるのではないかと考えております。

面接でよく聞かれること

これまで聞かれたことを記載します。詳細は直接お会いできたときにお話しできればと思います。

SEを志したきっかけ

大学時代に初めてパソコンに触れました。ちょうどその頃ADSL回線の出だしでインターネットが盛り上がり始めた頃でした。その便利さに感動し、もともとデジタルものが好きなこと、新しもの好きなことからコンピュータの世界に興味をもったことがきっかけです。

経理を志したきっかけ

SEの仕事に興味がなくなったわけではないですが、一度きりの人生ですからまったく違う職種の仕事がしてみたいと思い、ソフトハウスの会社を退職しました。SE時代に金融系システムに携わったことがきっかけで興味があったので志望いたしました。もともと何かを管理することが好きであること、自分に適性があると判断した部分もいち要因です。経理の仕事は残念ながら決まりませんでした。未経験での募集が圧倒的に少なく、あの手この手を尽くしましたが、時間がかかりすぎていますので別の道を目指すことにしました。

web系を志したきっかけ

自分のシステム開発経験を生かした仕事がしたい、でもできれば以前と異なる仕事をしたい、そう思ったときに見つけたのがWeb制作という仕事でした。実は、SEとして実際に働いたときも少しやりたいこととのギャップがありました。前述したとおり、SEを目指したきっかけはインターネットとの出会いです。恥をしのんで言わせていただくと、2003年頃就職活動していたときから最近までWeb制作という仕事があること自体知りませんでした。Webデザイナーというのは昔からなんとなく聞いたことがありましたが、自分にはデザインは無理だと思って見向きもしていませんでした。実はあの当時からやりたかったのはWeb制作の仕事だったのではないかと思い、また今はインタラクティブなネットの時代でフロントエンドでも自分のプログラミング経験が生かせる、もちろんバックエンドもです。そう思い、現在志望しております。

将来どうなりたいか

Webに関わる仕事がしたい、Web制作がわかりやすいですが、Webの技術を生かしたサービスは今後、Webサイトのみならずいろんな分野に進出してくると思います。そういった仕事に携わりたいと思っております。

担当したい領域

まずはプログラミングが1番得意なので、フロントエンド、バックエンド問わずコーディング業務から入るのが1番即戦力として働けるかと思っています。将来的には、極端に言うと、フリーランスでやっていけるくらいに全部できるようになりたいです。(フリーランスになるつもりはまったくありません) 具体的には

  • コーディング/プログラム
  • インフラ
  • デザイン
  • ディレクション/プロデュース

と、必要なものすべてできることが理想です。もちろん現実的には難しいと思いますが、例えば私はプログラマーだからプログラミングだけしていればいいという風に思いたくないですし、可能性を狭めたくありません。すべては無理でもどこかコアな強みを持ちつつ、浅くでもそれぞれの分野について理解できるようになりたいと思っております。

仕事に対する考え方

ここでは自分が仕事する際に大切にしていることを記載します。

心がけていること

仕事するうえで1番大切なことは周りが気持ちよく働けること、周りが楽になることだと考えております。【働く=はた(周り)楽】とアルバイト自体に教わりました。ありきたりな表現かもしれませんが、私にとっては1番大事なことです。

例えば、ある会社に技術力が高く、顧客からの評判もいい、3人分くらいの働きができる人がいたとします。でもなぜか、その人がいると周りの10人のモチベーションが下がってしまう。それだと結果的にその会社の生産性はその人のせいで低いでしょう。生産性に影響なくても周りが嫌な気持ちで働いていて良いはずがありません。

そうならないよう、私は常に周りに敬意を払い、思いやり、一人では何もできないことを自覚して業務を遂行したいと思います。

会社選びのポイント

誤解を恐れずに言うと、求人サイトの情報、企業サイトの情報では何もわからないと思います。また、職種が変わらなければどの会社に就いても基本的にやることは大きく変わらないと思います。ではなにで選ぶのか。それはその会社に貢献したいと思えるか、自分の労働力を奉仕したいと思えるかです。現実的には就職前に判断することは難しいです。それでも面接等で直接接することができたときに判断する材料としたいです。

さいごに

ここまで全部読んでいただいた方、一部でも読んでいただいた方、本当にありがとうございます。文章ですべてを表現することは不可能ですが、少しでも興味をもつきっかけになりましたら幸いです。もしかしたら綺麗事ばかりになっているかもしれません。私の良いところ悪いところ含めまして、実際にお会いしたときにお話しできればと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたらシェアお願いします。励みになります。
prev 【CakePHP2.x】AuthComponentによるログイン処理でハマった些細で重要なこと next botよけったー制作記part1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です